FC2ブログ

気まぐれ小言日記

噛み噛みギター弾き,高橋勇太の日記

3.11

あれから5年

岩手の祖父が亡くなってもうすぐ5年

初めてそのことについて書きます


震災関連死によって祖父を亡くした悲しみ

交通手段が制限されている中
飛行機で青森へ行き一泊し次の日なんとかして
岩手へ向かって行ったときの気持ち

葬儀中にも多くの余震があり
不安がる人々がいる異様な雰囲気

岩手の内陸の火葬場に
短い時間の間隔で貼り出されている
火葬予定の多くの沿岸部の人々の名前

その火葬待ちの間
悲しんでいる多くの親族の方々

火葬できるだけ幸せと語っていた方

あの時の衝撃は忘れようがない


ニュースなどで震災の報道を見ると
あの時の光景が蘇り目頭が熱くなる


改めて故郷があり色々な方との関係がある中で
今普通の生活ができていること自体が
どれだけ幸せなことなんだということをすごく感じる

そして今いる周りの人々のことを
もっと大事にしたり感謝していかなきゃとも思わされる


なにより大きな手助けができなくても
今現在も家族・友人・家・地元などを亡くした悲しみの中
辛い生活をしながら頑張っている方々がまだまだたくさんいることを
今日だけじゃなくてずっと忘れないこと
そしてそういう方々が幸せになることをずっと願っていくことが
一番大事なんだと思う


PageTop